収穫前の稲につかまったトンボが夜露につつまれていた。口元に大きな水滴が留まり、それを飲んでいるのかいないのか。このまま日が昇り、夜露が消えるまでじっと待っているのだろう。

<< 1 >>